緑豊かな井の頭公園近くにある、ヒーリングスペースです。《今ここ》にある幸せを実感し、 希望をもって人生を歩むお手伝いをしています。

吉祥寺レイキスペースSoleil

吉祥寺レイキスペースSoleil

井の頭線「三鷹台」駅徒歩5分

info@kichijyoji-reiki.com

レイキクラス

レイキの歴史

レイキの創始者臼井みか男先生は、1922年に京都の鞍馬山での21日間の断食瞑想の後でレイキエネルギーを体得し、霊気治療として確立しました。 現在の癒しの要素とは少し違い、治療の意味合いが強かったようです。

臼井先生から神秘伝(現在のマスターコース)を許された、海軍軍医の林忠次郎先生は、東京に霊気診療所を開業しました。
この林先生の霊気療法は、山口千代子先生に継承され、今も、直伝霊気として伝えられています。

林先生から神秘伝を受けたのが、ハワイ在住の高田はわよ先生です。
病に冒され、手術を受けるために東京へ来た高田先生は、 手術を受けるその日に「手術は必要ない」という内なる声を聞き、その声にしたがって手術を受けることをやめ、 林先生の診療所を紹介され、霊気治療を受けて難病から回復されました。
その後、林先生に伝授を受け、ハワイに戻って診療所を開業しました。

そして、高田先生とその教え子たちが、レイキが全世界へ普及することに貢献し、 日本へは、1980年代後半に逆輸入の形で入ってきています。

私は、ニューヨークにて、臼井先生のひ孫にあたる方にお会いしたことがあり、 臼井家でのレイキの状況を伺い、また逆輸入の形でレイキが再び日本で注目されていることに、 何かとても深い意味を感じています。

西方寺

臼井先生が修行した鞍馬山は、多くの方が修行して悟りを得たり、 声を聞いている、非常に波動が高いところです。
また、東京の新高円寺にある西方寺には臼井先生のお墓があります。 海外から訪れる方も多く、案内板には 「USUI」の文字があります。
レイキをされる方は、ぜひ鞍馬山や西方寺を訪れてみてください。 きっと、感じられるものが何かあると思います。